寸断された国道の復旧・・・

中津江村の動脈とも言える、国道442号線が7月の豪雨災害で数カ所が被災。

未だに道路が寸断され、主要観光地である「鯛生金山」へのルートも限られています。

日田市の”陸の孤島”状態は、観光面だけでなく住民の暮らしにも大きな影を落としています。

買物や通院をはじめ、高齢者のデイサービスなど日常生活に大きな支障が・・・(*_*)

本日、道路を管轄する日田土木事務所の担当者からの説明で、大まかな復旧予定が公表されました。

①栃原(むらづくり役場前)~川辺(中津江振興局前)⇒9月14日から片側通行可!

②吉原(鯛生スポーツセンター先)~下切(鯛生金山手前)⇒10月26日~片側通行可!

その他の通行止めとなっている生活道路も、徐々に復旧しています。

全面的な復興には程遠いものの、先が見えたことで多少は気持ちが明るくなりますね(^^)/20200821131606793のサムネイル